XR45(1983年型RGΓ500)                                                  SUZUKI

  1983年のXR45はスズキの事実上最後の500ccスクエア4気筒といってもいいだろう。1984年にはスズキはファクトリー活動を大幅に縮小、世界選手権は2ストロークV型4気筒のヤマハ、ホンダにより争われることになってしまったのである。

1 XR45の成り立ち、チーム体制

 スズキの500ccスクエア4気筒レーサーは、1980年のXR34、1981年のXR35、1982年のXR40と、毎年、縮小化が図られた。1983年型のXR45もその路線を受け継いだマシンである。左はシーズン前に公開された写真で、フレームが直線的になっており、剛性は高いが曲げにくい材質のようだ。このマシンの重量は乾燥で106kgといわれており、水・オイル5kgを加えた半乾燥重量で111kg程度になる。公開写真では前輪16インチ、後輪18インチだが、世界GPでは前後16インチ+ミシュランが基本となり後輪は18インチも使用された。実戦ではマシンのウォブルに悩まされ、第2戦フランスGPでXR40のB-1型フレームが再登場、第3戦では新型フレームが登場し、これらとその改良型がその後用いられた。1983年日本GPで5位入賞した水谷勝の最終型XR45は、レース後再車検時の重量測定で123kgあったが、XR40の半乾燥重量は117kgと いわれており、
XR45の半乾燥重量もXR40と同程度に落ち着いたようだ。なお、XR45のフレーム番号はRGΓ500-2001」から始まっている ようで、以下「2001」というように略記する。

 1983年、XR45を使用するスズキのチーム体制は次表のとおり。マングはシーズン前、スキーの怪我で大半を欠場、第6戦、第10〜12戦に出場したが、結局、市販RGB500が与えられたようだ。レッジアーニは当初、XR40が与えられたようだが、第2戦プラクティスでの事故でシーズン大半を欠場、第10戦復帰時にXR45が与えられた。

チーム ライダー
HB Team Suzuki Randy Mamola (Anton Mang)
HB Team Galina Franco Uncini (Loris Reggiani)

2 戦績

第1戦南アフリカGP前後

 鈴鹿BIG2&4(3月13日)に水谷勝が出場。水谷には2台のマシンが与えられた。左のマシンはシーズン前公開写真と同仕様と思われるが、直線的なフレームパイプ、バックボーン-ダウンチューブ間を結ぶパイプ(キャブレター付近)がわかる。
 プラクティスはヤマハ0W70に乗る浅見貞男が2分24秒31でポール、水谷は2分25秒53で3位。
 雨天のレースでは、水谷は18インチ前輪を選択しレースに臨み、2周目に2位に上がり、一時は首位に迫るが少しずつ遅れ出し、何とか2位を確保し15周を終えた。
  水谷は第2戦筑波(3月27日)でも第1戦時と同型のマシンで出場するが、転倒し右足を骨折、長期療養を強いられることとなった。

第1戦南アフリカGP(カイアラミ)

 プラクティスはフレディー・スペンサー(ホンダNS500)が1分26秒60でポール、以下エディー・ローソン(0W70)、片山敬済(NS500)、ケニー・ロバーツ(0W70)、ロン・ハスラム(NS500)、マルコ・ルキネリ(NS500)、ウンチーニ(1分27秒67)、マモラと続く。スズキチームは1月にこのコースで3日間のテストを行ったが、ライバルのいる条件ではその成果を示すことができなかった。

 1983年世界GPでのXR45のフレームのバックボーン部に4桁の数字(写真はベルギーGPのマモラの「2006」)、テールカウルに一桁の数字(写真は南アフリカのウンチーニの「4」)が書かれていることがある。これはフレーム番号を示していると思われ、以下の記述はこれを前提にしている。

 下左端はウンチーニのマシンでテールカウルに「4」と書かれており、フレーム番号2004と思われる。下左はマモラのマシンで、後サスペンションのスイングアームから直接1本のロッドがロッカーアームを押すようになっている。XR40までは逆Y字型(両側のスイングアームからロッドが立ち上がり1本にまとまりロッカーアームにつながる)ロッドだった。ウンチーニ、マモラのマシンとも基本的にシーズン前公開マシンと同仕様と思われるが、後輪は16インチ。下右のマモラのマシンのテールカウルに「6」と書かれており、フレーム番号2006だと思われる。
 

 レース(3月19日)では、ホンダの4人が好スタート、2周目の終わりのメインストレート終わりでスペンサーが片山を交わすとそのままスペンサーが独走し優勝。マモラは序盤5位で、中盤で6位に落ちるが4位を走っていた片山の転倒で5位入賞、ウンチーニは6位。2位ロバーツ、3位ハスラム。最速ラップはスペンサー(1分26秒43)。

第2戦フランスGP(ブガッティ)

 左はレースで用いられたウンチーニのマシンだが、スイングアームピボットの下部・スイングアームの形状、逆Y字プッシュロッドからXR40のB-1型フレームと思われる。第1戦でハンドリングに苦しんだ対策として持ち込まれたもの。右はウンチーニの2004で、第1戦と同型でフェアリングにスポイラーを装着している。
  プラクティスはロバーツが1分36秒80でポール、以下スペンサー、ハスラム、ローソン、ルキネリ、ウンチーニ(1分39秒27)、マモラと続く。
 
  レースのスタートで、マモラ(2002)はエンジンがかからずマシンを押している時にセルジョ・ぺランディーニ(市販スズキRG)に追突されふらつき、左 足をグイド・パーチ
XR40フレーム 2004
(市販ホンダRS)に轢かれ更に左にふらつき、エンジンがかからずマシンを押していたローソンに追突、ローソンの肘が後ろから来たマルコ・グレコ(市販スズキRG)にぶつけられ0W70のハンドルバーは破損、そのままリタイア。ウンチーニはエンジン不調で(上左)プラグ交換するが数周でリタイア、早くもスズキ勢は全滅した。序盤、スペンサーがリードするが、ロバーツが7周目にロバーツが首位に立つ。12周の後ロバーツの0W70の排気管に穴が開いてペースダウン、優勝はスペンサー、以下ルキネリ、ハスラム、ロバーツ、フォンタン。最速ラップはスペンサー(1分37秒50)。

第3戦イタリアGP(モンツァ)

 下左端のウンチーニのマシンは第2戦時と同様、XR40のB-1型フレームと思われるが、スイングアーム本体の後半分と補強部分に囲まれた三角形の部分がアルミ板でさらに補強された。後輪は18インチ。下左及び下右はこれとは別のマシンで、スイングアームピボットの位置が通常より前上方にあり、スイングアームは第2戦以前のものと酷似している。このマシンはXR40フレームではなく新造されたもので(2007?)、このGPで初登場したようだ。レースでは下左端のXR40フレームのマシンにスポイラーを装着したものが使用された。下右端のマモラのマシンは下左端のマシンと同じくXR40のB-1型と思われるが、スイングアームの追加補強板はない。

 XR40フレームについて、マモラは「チーム・ガリーナには前年のフレームがまだ残っていたため、彼らはすぐに換えてみることもできた。けれども僕たちは方々を探し回らなければならなかった。やっと見つけ出したフレームは、展示用として保管されていたマシンのものだった。」と書いていることから、マモラがXR40フレームをテストしたのはこの第3戦が最初だろう。
 プラクティスはロバーツが1分52秒69でポール、以下スペンサー、マモラ(1分53秒17)、ウンチーニ、ルキネリ、ローソン、ハスラムと続く。マモラは第2戦の事故で左足首を骨折しているため、特製のブーツを使用した。

 レースはスタートからマモラ、ロバーツ、スペンサー、ハスラムの首位争いが繰り広げられ、その後ろにはルキネリ、Roche、ウンチーニの第2グループが続く。9周目にハスラムが2位に上がり、ロバーツの後にぴったり付くが、間もなくエンジンが異常振動を起こしペースダウン
XR40フレーム        新型フレーム  XR40フレーム
(クランクトラブル)。ロバーツはマモラをリード、16周目には最速ラップ1分52秒80を記録、さらにリードを広げるが、21周目に周回遅れを抜く時にミスをしコースアウト、4位に落ちる。最終ラップにロバーツの0W70はガス欠でリタイア。レースはスペンサーが優勝、以下7秒66差でマモラ、ローソン、ウンチーニ、片山。

第4戦ドイツGP(ホッケンハイム)

 プラクティスはスペンサーが2分8秒66でポール、以下1秒59遅れてロバーツ、ローソン、ルキネリと続きウンチーニ7位(2分11秒70)、マモラ11位。

 下左端はマモラのマシン。XR40ではラジエーターの下左右の固定をダウンチューブ外横側で行っていたが、XR45ではダウンチューブ前側で行うようになった。また、XR40エンジン前側 のフレーム装着部は2箇所(両側にあるので実箇所は4)ある。XR45エンジンではその2箇所の間隔が広がり、下側の装着部は前クランクセンターの下に近づ き、ダウンチューブ内側にボルト留されたブラケットに装着される。したがって、ダウンチューブ外側に見えるエンジン装着部は残りの1箇所(両側で2箇所)。下左のマシンの エンジンは明らかにXR45だが、ダウンチューブ横側には、ラジエーター装着用の孔に加え、エンジン装着用の孔が2箇所並んでいるので、これがXR40フレームであることがわかる。テールカウルに「2」と書かれており、フレーム番号2002だと思われる。おそらく第3戦でフレームのみ現地に送られたが、カルネ等の問題で既存のXR45のフレーム番号を打刻し直したのだろう。 このマシンがレースで用いられた。

 下左、下中はいずれもウンチーニのマシンで、テールカウルのシート後に短い1本線あるいは2本線が書かれ(テープが貼られ)、2台のマシンを区別している。いずれも「XR40フレーム+スイングアーム追加補強板」であり、第3戦で登場した新型フレームは確認できない。第3戦でウンチーニがレースで用いたマシンは「2本線」のマシンなので、「1本線」のマシンが第3戦の新造フレームのマシンの代わりに投入されたようだ。

 下左、下中の「1本線」、「2本線」のマシンとも後方排気管の消音器がテールカウルから突き出ていない。第3戦でのマシンはいずれも後方排気管の消音器がテールカウルから突き出ていた。第4戦でウンチーニがレースで使用したのは「2本線」のマシンで、下右のマシンはレース中のようだが、排気管がテールカウルから若干突き出ている。消音器がテールカウルから突き出ているかどうかは、テールカウルの差ではなく排気管の仕様差のようだ。「1本線」、「2本線」は一時的な識別点だが、以下のレースでもこの表記で2台のマシンを区別する。
2002 「1本線」            「2本線」 2002

 レーススタート直前に雨が降りスタートが遅れるが、すぐに止み20分遅れでスタート。1周を終わりルキネリが首位、僅かな差でスペンサー、ロバーツ、片山と続く。スペンサーは間もなく首位に立ち、リードを広げ出す。スペンサーは排気管に穴が開き遅れ出し、優勝はロバーツ、以下、片山、ルキネリ、スペンサー。スズキ勢は首位グループに加わることなく結局、ウンチーニ5位、8位マモラ(上右端 ・2002)という結果に終わった。最速ラップは片山(1分10秒48)。

第5戦スペインGP(ハラマ)

 プラクティスはスペンサーが1分29秒87でポール、以下ロバーツ、ハスラム、マモラ(1分31秒22)、ウンチーニ。ウンチーニは土曜日午前中のプラクティスで2台のマシンで2回転倒。

 下左端はマモラの2005で、フレームはXR40だが、第4戦時の2002と異なり、ダウンチューブ前のエンジンマウントの位置が2種設けられている。(写真では後側を使用)。XR45エンジンはXR40エンジンより小さく、エンジン搭載位置を変更できるよう改修されたようだ。下左は同マシンの ユーゴスラビアGP時の写真でフレームのエンジンマウント部の状態がよくわかる。下右は2002で、レースでは2005が使用された。下右端のウンチーニのマシンはおそらく「1本線」で、レースでは「2本線」にスポイラーを装着されたものが使用された。

 レースはスペンサーが3周目に首位に立つが、スタートで遅れたロバーツが追い上げ激しい接戦のまま終盤を迎え、最終ラップに入る直線での周回遅れの処理の差でスペンサーが優勝、2位ロバーツとなり3位は片山。スズキ勢は首位グループから大きく遅れて4位マモラ、5位ウンチーニだった。
2005 左の第7戦時 2002 「1本線」

第6戦オーストリアGP(ザルツブルク)

 ロバーツが1分17秒89でポール、1秒04遅れでスペンサー、以下ローソン、マモラ(1分19秒83)、片山、フォンタン、ハスラム、ルキネリ、ウンチーニと続く。下左は2002、下中は2005で、レースでは2005が用いられた。下右はプラクティス中のウンチーニの「1本線」のマシンで、これがレースで用いられた。
 
 レースはいつものようにホンダ勢が好スタートを切り、スズキ勢が続き、ヤマハの2人はスタートで遅れる。2周目の終わりでマモラがリードを奪い、片山、ハスラム、ルキネリ、ウンチーニ、スペンサーが続く。3周目のピット裏ストレートでロバーツがローソン、ウンチーニ、さらにルッキ

ネリ、スペンサーを抜き、次の周には首位に立つ。 2位マモラ、3位スペンサー。ローソンも追い上げ6周目には4位に上がる。スペンサーはクランクが12周終わりのストレートで破損しリタイア。マモラは14周目にローソンに抜かれ3位でゴール。優勝ロバーツ、2位ローソンでウンチーニは5位。最速ラップはマモラ(1分18秒11)。
2002 2005 「1本線」

第7戦ユーゴスラビアGP(リエカ)

 プラクティスはスペンサーが1分32秒271でポール、以下ロバーツ、マモラ(1分32秒830)、ローソン、ハスラム、片山、Roche、ウンチーニ、ルキネリでフォンタンは14位。
 左は2005、右は2002でレースでは2005が用いられた。
 

  レース序盤のトップグループはスペンサー、マモラ、ローソンで4位にジョバンニ・ペレティエ(ホンダRS)。6周目にペレティエは片山、ルキネリ、フォンタンに抜かれ7位に落ち、スタートで大きく遅れたロバーツは11位。9周目にロバーツは4位に浮上、しかし、スペンサーとの差は27秒もの差があった。そのままスペンサー、マモラ、ローソン、ロバーツの順でゴール。ウンチーニは11周でエンジンピストン焼付きでリタイア。最速ラップはロバーツ(1分33秒36)。
2005 2002

第8戦オランダGP(バンドレンテ)

 ロバーツが2分48秒52でポール、以下スペンサー、片山、マモラ(2分50秒26)、ウンチーニ、フォンタン、ローソンでルキネリは15位。
 下左はウンチーニの2007でスイングアームはシーズン後公開されたマシンと同型であり、フレームを含め新型になったと思われる。フレーム番号は従来の番号がそのまま打刻されたようだ。このタイプがこの後のレースで基本的に用いられた。なお、フェアリング、テールカウル形状も見直しされている。下右はマモラのXR40フレームの2005(レース中)。

 このレースでSAEC(SAEC=Suzuki Automatic Exhaust Controlという名称が公表されたのは、この機構を用いた市販車が1985年に発売された時ではあるが、便宜上、XR45についてもこの名称を使用する)と呼ばれる排気制御機構を装着したエンジンが登場したが、レースでは用いられなかったようだ。

  レースはスペンサー、マモラが好スタート。2周目、ウンチーニが転倒、起き上がって走り出したウンチーニにガードナー(ホンダRS)がぶつかり、ウンチーニは一時、意識不明となる。スタートで遅れたロバーツが2周目に4位に、5周目にはマモラを抜き3位、6周目には2位に浮上。そして7周目に首位に立ちそのまま優勝。2位は追い上げた片山、3位はタイヤトラブルで遅れたスペンサーで、マモラは4位に終わった。最速ラップはロバーツ(2分47秒47)。
2007 2005

第9戦ベルギーGP(スパフランコルシャン)

 プラクティスはスペンサーが2分32秒70でポール、以下ロバーツ、マモラ(2分33秒36)、ローソン、片山と続く。
 マモラはレースで2006(
左、レース中)を使用したが、これは第8戦でウンチーニが使用した新2007と同型であり、これもそれまでと同じフレーム番号を打刻したもの。ただし、テールカウル形状は従来型と同じ。
 
 レースでホンダ勢、ヤマハ勢、マモラが揃って好スタートするが、スペンサーが少しずつリードを広げマモラ(左)、ロバーツ、ルキネリ、片山、ハスラムと続く。10周頃、スペンサーがペースダウン、14周にはロバーツがスペンサーに迫る。ヘアピンでロバーツがスペンサーを抜き、さらにペースを上げ、17周にはこのレースの最速ラップ2分32秒42を記録、リードを13秒9に広げ20周のレースを終えた。以下スペンサー、マモラ、片山、ローソン、フォンタン、ルキネリ、ハスラム。

第10戦イギリスGP(シルバーストーン)

 下左端はプラクティスでBoet van Dulmenに与えられたXR45で、XR40フレームと思われる。レースでvan Dulmenは自身の市販RGBに乗った。
 レッジアーニが復帰、マモラの2006と同じXR45が与えられた。おそらくウンチーニ用新2007だろう。ペランディーニにもXR45が与えられたが、おそらくXR40フレームだと思われる。

 プラクティスはロバーツが1分28秒00でポール、1秒38遅れてスペンサー、以下マモラ、ローソン、フォンタン、ハスラム、片山と続く。下中はマモラの2005で第5戦時と基本的に同じXR40フレームであるがスイングアームが変更されている。下右端はプラクティス中の2006でこのマシンがレースで用いられた。テールカウル前端に後クッションユニット用ホースが顔を出している。
 レースでハスラムが好スタートを切るが、すぐマモラに抜かれ、ロバーツは3位に付ける。3周にはロバーツが首位に立ちマモラ、スペンサーが続く。ロバーツがリードを広げスペンサー、マモラが2位争い。5周目にペースダウンしたノーマン・ブラウン(市販スズキRGB)にペーター・ヒューバー(市販スズキRGB)が追突、2人ともコースに放り出され
XR40フレーム 2005 2006
死亡。赤旗は出されずレースは続けられたが、ライダー達はペースダウン、自主的にピットインするものも現れ、結局、赤旗中断。1ヒートの5周と2ヒートの23周の合計タイムで争われることになった。 

 第2ヒート、スペンサーが好スタートを切るが、1周の終わりにはロバーツが首位に立ちリードを広げ出す。その後ろでスペンサー、マモラ、ローソンが2位争いを繰り広げる。ロバーツがそのままゴール、ローソン、マモラ、スペンサーの順でゴールするが、1ヒートとの合計タイムではスペンサー2位、マモラ3位、ローソン4位。ペランディーニは9周目の第1コーナーで転倒リタイア、レッジアーニもリタイア。

第11戦スエーデンGP(アンダーストープ)

 ペランディーニは第10戦での転倒・踵負傷のため欠場。
 スペンサーが1分37秒00でポール、1秒81遅れでロバーツ、以下、片山、マモラ(1分39秒33)、フォンタンと続き、van Dulmen14位、レッジアーニ17位。

 スペンサーが好スタートするが、1周の終わりではロバーツが2位に付ける。7周にはロバーツが首位に立つ。3位には片山が上がり、フォンタンと3位争いを繰り広げる。マモラはスタートで遅れ追い上げる展開。
2005 2006
 ロバーツ、スペンサーの首位争いは最終ラップに持ち越され、バックストレートの終わりでスペンサーがブレーキを遅らせロバーツの内側に飛び込んだ。スペンサーはブレーキが間に合わずロバーツを巻き添えにしてダートに飛び出した。そしていち早くコースに戻ったスペンサーが優勝、2位ロバーツとなった。以下、片山、フォンタン、ローソン、ルキネリ、マモラ(2006)。van Dulmen(XR45)12位、レッジアーニ15位。最速ラップはロバーツ1分37秒11。この結果、スペンサー、ロバーツのチャンピオン争いは最終戦に持ち込まれた。マモラのランキングは3位(83点)で4位の片山を6点リード。

第12戦(最終戦)サンマリノGP(イモラ)

 プラクティスはロバーツが1分53秒49でポール、以下スペンサー、ルキネリ、マモラ、ローソン、フォンタン、ハスラム、Roche(NS500)。レッジアーニは17位のタイムだったがレースは欠場、van DulmenもプラクティスでXR45に乗るものの、レースは自身の市販RGBで出場。

 レースは最初の2周、ルキネリが首位のスペンサーにぴったり付けるが、すぐに後退。ロバーツは4周目に3位に上がり、4周後には首位に立つ。ローソンは17周目にルキネリを抜き3位に上がるが、スペンサーとの差は5秒、そしてその差は縮まらない。そしてそのままロバーツが優勝、2位スペンサーとなりスペンサーが初の500ccタイトルを手中にした。以下ローソン、ルキネリ、マモラ(2005)、フォンタン、Roche、van Dulmen、ハスラム。最速ラップはロバーツ(1分53秒36)。この結果、チャンピオンはスペンサーが獲得した。マモラはランキング3位となったが、1982年に世界選手権を獲得したスズキは1983年に1勝も挙げられずに終わった。

ランキング

SA F I A E Atr Y N B GB S SM Total
Spencer 15 15 15 8 15 - 15 10 12 12 15 12 144
Roberts 12 8 - 15 12 15 8 15 15 15 12 15 142
Mamola 6 - 12 3 8 10 12 8 10 10 4 6 89
Lawson 3 - 10 2 5 12 10 6 6 8 6 10 78
Katayama - - 6 12 10 8 6 12 8 5 10 - 77
Fontan 8 5 4 5 4 5 5 4 5 6 8 5 64
Lucchinelli 2 12 1 10 - 4 2 - 4 - 5 8 48
Haslam 10 10 - - - - - - 3 4 2 2 31
Uncini 5 - 8 6 6 6 - - - - - - 31

                                                            その2   MENU