5 現存するマシン                              yamaha

(1)0W19-E-309/0W19-B-309
 ヤマハが保有するマシン。スイングアームピボット部からシートレールに繋がるパイプは、一旦切断し新しいパイプを溶接したように見える(右)。その他、その2で記述したアゴスチーニのマシンの特徴と一致すること、現在は後ブレーキペダルが右側でシフトペダルが左側であるが、1997年当時はそれぞれ反対側にあった(タイヤも1974年当時のままのようだった)ことから、このマシンは1974年にアゴスチーニが使用したB型そのものと思われる。
 後ブレーキマスターシリンダ(右)はレストアで新造されたもの。
(2)0W23-E-504/0W23-B-503
 ヤマハが保有するマシンで、排気管に消音器が装着されている。世界GPでの騒音規制は1976年第1戦から行われる予定だったが、各チームの準備が整っていないため、適用は第5戦オランダGPまで猶予された。第5戦時点でCecottoのマシンに消音器はもちろん装着されておらず、このマシンは、1976年第6戦ベルギーGP以降使用されたマシンということになる。
その1 その2 MENU