第10戦イギリスGP
  
 
ロバーツが1分28秒00でポール、1秒38遅れてスペンサー、以下マモラ、ローソン、フォンタン、ハスラム、片山と続き、Rob McElnea(スズキXR40)12位、ルキネリ16位。
 レースでハスラムが好スタートを切るが、すぐマモラに抜かれ、ロバーツは3位に付ける。3周にはロバーツが首位に立ちマモラ、スペンサーが続く。ロバーツがリードを広げスペンサー、マモラが2位争い、ローソン、フォンタンが続く。5周目にペースダウンしたノーマン・ブラウン(市販スズキRGB)にペーター・ヒューバート(市販スズキRGB)が追突、2人ともコースに放り出された。赤旗は出されずレースは続けられたが、ライダー達はペースダウン、自主的にピットインするものも現れ、結局、赤旗中断。1ヒートの5周と2ヒートの23周の合計タイムで争われることになった。
 第2ヒート、スペンサーが好スタートを切るが、1周の終わりにはロバーツが首位に立ちリードを広げ出す。その後ろでスペンサー、マモラ、ローソンが2位争いを繰り広げる。ロバーツがそのままゴール、ローソン、マモラ、スペンサーの順でゴールするが、1ヒートとの合計タイムではスペンサー2位、マモラ3位、ローソン4位。以下、フォンタン、片山、ハスラムと続き、ルキネリは中盤でリタイア。最速ラップはロバーツの1分28秒20。
 左はスタート前の3001。スイングアームはアルミ合金製である。

第11戦スエーデンGP

  左はレース中の3002でスイングアームはアルミ合金製。右はプラクティス中の3001。
 スペンサーが1分37秒00でポール、1秒81遅れロバーツ、以下、片山、マモラ、フォンタンと続きハスラム7位、ルキネリ8位、ローソン9位。

 スペンサーが好スタートするが、1周の終わりではロバーツが2位に付ける。7周にはロバーツが首位に立つ。3位には片山が上がり、フォンタンと3位争いを繰り広げる。ローソンはスタートを失敗するが、ハスラム、ルキネリに迫る。30周のレースの中盤、スペンサーがロバーツに迫り、21周目には真後ろに付ける。はるか後方では片山がフォンタンと3位争い。ローソンはハスラムを抜きルキネリと5位争い。首位争いはそのまま最終ラップに持ち越された。バックストレートの後、ゴールまでは

3002 3001
90度カーブ2つだけだが、バックストレートの終わりでスペンサーがブレーキを遅らせロバーツの内側に飛び込んだ。スペンサーはブレーキが間に合わずロバーツを巻き添えにしてダートに飛び出した。そしていち早くコースに戻ったスペンサーが優勝、2位ロバーツとなった。以下、片山、フォンタン、ローソン、ルキネリ、マモラ、ロシュ、ハスラム。最速ラップはロバーツ1分37秒11。
 この結果、スペンサーが5点差でロバーツをリードすることになり、最終戦、ロバーツが優勝してもスペンサーは2位になれば2点差でチャンピオン、スペンサーが3位なら2人は同点で優勝回数も同じ、2位の回数の差でロバーツがチャンピオンという形勢である。

第12戦サンマリノGP
 
 プラクティスはロバーツが1分53秒49でポール、以下スペンサー、ルキネリ、マモラ、ローソン、フォンタン、ハスラム、ロシュ。
 レースは最初の2周はルキネリが首位のスペンサーにぴったり付けるが、すぐに後退。ロバーツは4周目に3位に上がり、4周後には首位に立つ。ロバーツにとって重要なのはこのレースに優勝することだけではなく、この時点で4位のローソンを2位に上げることだった。ローソンは17周目にルキネリを抜き3位に上がるが、スペンサーとの差は5秒、そしてその差は縮まらない。そしてそのままロバーツが優勝、2位スペンサーとなりスペンサーが初の500ccタイトルを手中にした。以下ローソン、ルキネリ、マモラ、フォンタン、ロシュ、vanDulmen、ハスラム。最速ラップはロバーツ(1分53秒36)。

 左はプラクティス中の3001(レース使用車)でスイングアームはアルミ製。

日本GP

 持ち込まれたスペンサー用NS500はNS500F-3001。左端はプラクティス前、左はレース後の状態で、スイングアームはアルミ合金製。

 阿部孝夫に与えられたマシンのフレーム番号の末尾は3007(右)、3022(右端)。おそらく前者はオリジナルNS500で後者はRS500Rベースだろう。3007の右スイングアーム中央に孔はない。また、後ブレーキはカーボンではなくスチール製通風式。3022のサイレンサーが円筒形なのに注意(スエーデンGPの2号車と比較されたい)。レースでは3022が用いられた。
3001

3007

3022

 プラクティスでスペンサーは2分19秒57でポール、このタイムはそれまで全日本選手権で平忠彦が記録していた2分22秒42を大幅に上回るものだった。レースではスペンサーがスタートから飛び出し、木下恵司(ヤマハ)が追い上げスプーンカーブ入口で追いついたが、転倒、その後はスペンサーが独走して優勝した。最速ラップは2分21秒14だった。阿部は4位。

 1983年型NS500はGP史上、最も美しいマシンの部類に入るだろう。そして、500ccGPレーサーの理想型の一つであると思う。しかし、その可能性を最も疑っていたのはホンダ自身だった。鈴鹿サーキットで新型4気筒が走っているのが目撃され、1984年型ホンダが4気筒になることが明らかになったのは、1983年日本GPでのスペンサーショックが冷めやらぬ頃だった。

シーズン後公開されたマシン 

  左はシーズン後のスタジオ写真で、スイングアーム中央に孔がない。右は試乗に供されたマシンで、おそらく3002だろう。スイングアームはいずれもアルミ合金製。

  1982年型及び1984年型のNS500がホンダに現存している。そして1983年型NS500(3002?)が長い間、スペンサーの元にあったが、2010年3月に売りに出された。
その1    その2      MENU