0W24 yamaha

  
 
1974年当時、ヤマハが350cc4気筒レーサーを開発していたことを明らかにしたのは、ライダースクラブ誌1984-3の数行の記述が最初だったと記憶しているが、The Motorcycle Classics Vol.002(2009八重洲出版)に詳細記事が掲載された。

 これは2011年にヤマハ・コミュニケーションプラザに展示されたエンジン。エンジン番号は「1975年型の3号機」を意味する。

    説明書きには「並列2気筒のYZR350(0W16)後継モデルとして開発されたGP350ファクトリーマシン。より軽量・高出力を追求し、エンジンはYZR500(0W23)の並列4気筒をベースに、ボア×ストローク:49×46.2mm、シリンダーピッチ92mmのコンパクトサイズで新設計。 さらにフレームも斬新なボックス型の燃料タンク一体式モノコック構造とし軽量・低重心・高剛性を実現。テストで最高出力84PS、最高速度268km/hを記録したが、実戦投入には至らなかった。」 とある。

   0W24-E-503  
   

  右は現存する0W23-E-504で、0W24エンジンが吸気方式の違い(0W23のピストン・リードバルブに対してピストンバルブ)を除き、 説明書きどおり0W23をベースにしていることがわかる。ボアピッチ(シリンダーピッチ)92mmも0W23と同じである。

 なお、0W35(1977年型YZR500)のボアピッチは115mmに拡大されたことから分るように、0W23のボアピッチは出力面では不利だった(掃気経路断面積を確保できない)。 ただTZ350はボア64mm、TZ750は64(後に66.4)mmで何れもボアピッチ102mmだったのだから、0W23も当時としてはボアピッチが特に小さいわけではない。

  さて、The Motorcycle Classicsからすると
・エンジン:設計担当の塩原氏は1974年シーズン中に0W24エンジン設計担当を命じられた。
・車体  :車体設計担当の杉本氏は研究2課に1974年に配属された。0W24はスチールモノコックフレームで、当初は「フレーム内クッションユニット」、後に「フレーム内燃料タンク」。後サスペンションはモノショック。フレーム燃料タンク型では、タンクを覆うダミータンクとシートは一体型。
・開発時期:1974年開始、1975年シーズンに用いられることを想定。

  ということになる。現存エンジンのエンジン番号はこれに符合する。

 
   

 一方、右は1974年シーズン前に撮影されたもので、不鮮明ではあるが写っているマシンに次の特徴がある。

●このマシンが2気筒なら、350tであれ排気管が短い250tであれ後車軸近くに見えるはずの排気管がない。排気管を取り外しているなら、フェアリング下部も取り外されているはずなのにフェアリング下部は装着されているように見える。そして、左ステップバーの下前後に排気管後端らしきものが2つ見える。 左右両側で4つ=4気筒になる。そして500t4気筒0W23のものよりかなり短い。

●フレームのバックボーン部が異様に太く見え、モノコックフレームのようだ。

●73年型及び74年型0W16の後サスペンションは何れもツインショックだったが、写真ではモノショック(ヤマハはモノクロスと称した) に見える。ただし、サスペンションアーム形状は1974年型0W20(500t4気筒)とは異なる。なお、サスペンションアームに通常のツインショック取付部が残されているが、これは0W20でも見られた。
 このマシンがモノショックではなく「ツインショックサスペンションからツインショックを取り外した状態」だとしても、サスペンションアームの形状は0W16とは異なる。

●前後ドラムブレーキ、濃いゼッケン地色(500tは黄色)から500tではない。

●前フォーク・前後ドラムブレーキはTZ250/350のものと思われる。
 

 これらのことからするとこのマシンは「350t4気筒エンジン+スチールモノコックフレーム」のように思える。とするならThe Motorcycle Classicsの記述よりも早く350t4気筒の開発が行われていたことになる。写真が不鮮明なので断定的なことは言えないが・・・

                                     MENU