ホンダコレクションホールの説明

 

 出典はホンダコレクションホールのウェブサイトです。マシンの名称をクリックすると出典の頁に繋がります。

 

2RC146

  「'63年の4気筒125ccレーサーRC146の改良型。'64年マン島TTで1-3位独占。12戦9勝してマニュファクチャラーズタイトル獲得。(オランダ TT優勝車 No.4 J.レッドマン)」

 1964年125tクラスは全11戦で、ホンダは7勝している。第1戦USGPをホンダは欠場したので、ホンダが出場したレースに限れば10戦7勝。どちらにしても「12戦9勝」は誤り。

RC115

  「'65年世界選手権ロード50ccクラスにおいて7戦5勝して、ホンダ初の同クラスマニュファクチャラーズ/ライダーズ チャンピオン獲得。(ダッチTT優勝車 No.6 R.ブライアンズ)」

 1965年50ccクラスは全8戦だったが、ホンダは第1戦USGPを欠場したので、「7戦5勝」はホンダに限った戦績。

 また、アップ型排気管のマシンを「ダッチTT優勝車〜」としているが、実際の優勝車は右写真のとおりで、ダウン型排気管。スタート時の写真はこちら

 

RC116

 「'66年世界選手権ロード、50ccクラスにおいて6戦3勝。マニュファクチャラーズタイトルを獲得し、5種目制覇の一翼を担った。(マン島TT優勝車 No.1 R.ブライアンズ)」

 1966年50ccクラスは全6戦で、ホンダは最終戦日本GPをボイコットしたので、ホンダに限れば5戦3勝。

 このように「〇戦」が、開催されたGPの数なのか、ホンダが出場したGPの数なのか、統一されていない。

RC145

 「'62年世界選手権ロード、125ccクラスに10戦全勝、マニュファクチャラーズ/ライダーズチャンピオン獲得。2気筒125ccロードレーサー最終型。(マン島TT優勝車 No.6 L.タベリ)」

 ホンダは最終戦アルゼンチンGPを欠場したので、「10戦全勝」はホンダに限った戦績。

RC163

 「'62年世界選手権ロード、250ccクラスに9戦全勝し、マニュファクチャラーズ/ライダーズ チャンピオン獲得。連続タイトル獲得に貢献。(西ドイツGP優勝車 No.101 J.レッドマン)」

 ホンダは全10戦全てに出場し、全勝している。

 ホンダの技術者だった八木静夫氏がまとめた「世界二輪グランプリレースに出場したホンダ レース用エンジンの開発史」(1994 HONDA R&D Technical Review)によるとRC163が登場したのは、1962年秋の全日本選手権(鈴鹿)。

RC166

 「'66年 世界選手権ロード、250ccクラス10戦全勝。マニュファクチャラーズ/ライダーズ チャンピオン獲得。2年連続タイトル獲得。('67年マン島TT優勝車 No.7 M.ヘイルウッド)」

 1966年250tクラスは全12戦で、ホンダは最終戦日本GPをボイコット、さらにヘイルウッドは第9戦アルスターGPを欠場(グレアムは出場)した 。ホンダに限れば11戦10勝で、「10戦全勝」はヘイルウッドに限った戦績。

 ホンダの技術者だった八木静夫氏がまとめた「世界二輪グランプリレースに出場したホンダ レース用エンジンの開発史」(1994 HONDA R&D Technical Review)によると、1966年型は3RC165とRC166(第10戦で登場)が用いられたとのこと。

RC171

 「'62年世界選手権ロード、350cc出場。RC170、285ccに代わり、第7戦アルスターGPより投入。ホンダ初の3クラス制覇に貢献した。(鈴鹿優勝車 No.1 J.レッドマン)」

 1962年350tクラスは全6戦(最終戦になるはずだった日本GPは出場者が少なく世界選手権にならず)で、アルスターGPは350tクラス第3戦。「第7戦」は350tクラスのなかったスペイン、フランス、ベルギー、ドイツを足し全11戦とした場合。

RC143

 「世界選手権ロードレース125ccに挑戦して2年目、'61年第1戦スペインGPで、ホンダがグランプリレース初優勝を飾ったマシン。(優勝車 No.60 T.フィリス)」

 「2年目」は1959年の初出場が忘れられた結果。

                                                   公開公正